ご挨拶・スタッフ紹介

ごあいさつ(2015年9月)

当院は小児科クリニックとして2001年にオープンし、地域の子どもたちの健康を守ってきましたが、本年4月から内科医の速瀬啓純先生をお迎えして、2人体制で診療を行うことができるようになりました。クリニックの名称も医療法人あけぼの会、あけぼのクリニックと改めました。2人とも南国市出身の医師で地元の事情もよく承知しており、乳幼児からご高齢の方まで3世代の患者さんを継続的に診療できる体制ができました。今後は在宅医療にも取り組み、一層、地域医療に貢献できるように努力してまいりたいと思っています。

ごあいさつ


当院は2001年7月にオープンしました。
ここは私が生まれ育った土地であり、その土地の人たちの役に立ちたいという思いで開業しました。
患者さんの声にじっくり耳を傾け、できる限りの力になることを基本姿勢にして診療してきました。

この夏で開院して13年が経ちましたが、この間に出会った1万6千人以上の患者さんの診療を通して多くのことを学ぶことができました。
その内容についてはこのホームページに載せましたのでご覧になって下さい。

いつの時代にも子育てには苦労が多いものですが、その喜びも大きいものです。
こんな時代だからこそ、私たちは子供の医療を提供するプロフェッショナルとして、
子育てのお手伝いをしたいと願っています。

これからも地域の保育士、保健師、助産師、学校の先生方と協力して
子供の立場に立ったケアを提供してゆきたいと思っています。

【院長】 石本 浩市


院長紹介

土佐中高等学校卒業

昭和53年順天堂大学医学部卒業

昭和53年順天堂大学医学部付属順天堂医院 小児科臨床研修医

昭和56年日野市立総合病院

昭和58年順天堂大学医学部小児科学講座助手

昭和53年国立小児病院小児研究センター病理部

昭和63年順天堂大学にて医学博士の学位授与

平成05年順天堂大学医学部小児科学講座講師

平成07年順天堂大学医学部小児科医局長

平成11年日野市立総合病院小児科医長

平成13年7月あけぼの小児クリニック開設

平成17年4月高知大学医学部臨床教授

専門領域

小児科学一般、小児血液学、小児腫瘍学、日本小児科学会認定小児科専門医


速瀬啓純先生(副院長)の経歴

平成1年3月高知医科大学医学部医学科卒業

平成2年5月高知医科大学医学部付属病院第一内科入局

平成3年4月医療法人山本会 南国中央病院入職

平成4年4月高知医科大学医学部付属病院第一内科医員

平成5年3月医療法人山本会(現地塩会)南国中央病院入職

平成21年6月同 院長就任

平成27年4月医療法人あけぼの会あけぼのクリニック副院長

専門領域

内科学一般、消化器病学
・日本内科学会認定内科医
・日本消化器病学会専門医
・日本医師会認定産業院

ページトップへ