プレスリリース

子供の生活習慣

親が子供にあげる最高の贈り物のひとつは正しい生活習慣を身につけさせてあげることだと思います。昔からしつけと呼ばれていたものです。
今や成人の最大の健康問題は生活習慣病といえますが、この生活習慣の多くは幼児期にできるといっても過言ではないでしょう。
つまり生活習慣病の一部は小児期から始まっているといえます。
その中でも最近、特に小児科医の間で注目されている食事の習慣と、テレビ視聴の問題について今回は書いてみます。

食事の習慣について
最近、朝食をとらない子供が増えています。ある調査によれば、3歳児の25%、小学生4の7%、中学生1年生の13%は朝食を食べてないとされています。
朝食を食べない子供は食べている子に比べると小学校低学年までは、身長が低く体重も少なくなります。
ところが、学年が進むにつれて徐々に体重が増えて、小学校4年になると、むしろ肥満傾向になることが最近の研究で明らかにされました。

その理由を明らかにするために生活習慣を詳しく調べた結果、この子供たちは夜遅くまでテレビを見ていたり、夜食を食べたりして、就寝時間が遅いために、結局は朝起きられなくなり、朝食を摂ることができなくなっていることが分かりました。
また、その子供たちの親も夜更かしで、朝食を抜いていることが多いのが実情です。

さらに、1年生以降は長時間テレビを見たり、ゲームをしたりして、外で遊ぶ時間が少なく、運動不足となり、結局肥満児なってゆくのです。
つまり朝食を欠食する習慣は3歳頃からみられ、その他の様々な生活習慣と連鎖し、小学校4年以降の肥満を引き起こすらしいことが分かりました。
テレビ視聴と小児の発達
最近、新しいタイプの言葉の遅れが問題になっています。
この子達は親の言葉に反応しない、表情に乏しい、自分の考えを言葉で表現するのが苦手でコミュニケーションに問題を抱えています。
一見自閉症の症状に似ています。しかし、よくよく親の話を聞いてみると、生れた時からずっとテレビやビデオがついている環境で育てられていたり、何らかの家庭環境の変化で生後1年頃からテレビ漬けだったことが明らかにされています。
乳幼児期は親子の生身の接触が最も必要で重要な時期です。この時期にテレビからの一方的な情報に赤ちゃんをさらし続けると、肝心な心の発達に支障をきたすことは容易に想像できます。
これは良質とされている教育番組やビデオ教材でも同じであると言われています。

こうしたことが原因で言葉の発達に遅れがある場合は、テレビを消して親が子供と1対1で遊ぶことが唯一の解決法とされています。
重要なことは早い時期に気付いてあげることで、1歳までなら1ヶ月で見違えるように表情が豊かになり、3歳までならよくなる可能性があるものの、時にコミュニケーションがとれないまま育つことあるとされています。
これらのことは現在まだ研究中で確定的でない点もありますが、いずれにしても長時間テレビを見たりゲームをしたりすることは子供の健全な精神発達にとって悪影響を与えることは専門家の一致した意見です。

そこで小児科医が中心になって、2歳まではテレビを消して、家族同士の豊かなコミュニケーションをつくることを提唱しています。テレビを見ない生活なんて考えられないと思われる方も少なくないと思いますが、やってみると意外な効果に驚いたとの反響が多く聞かれています。

夫婦の会話が増えたという話もよく耳にします。 食習慣とテレビ視聴は一見別の生活習慣のように思われますが、実はお互いに深い関係があることいえます。
子供たちのこれらの生活習慣は結局、親の生活習慣を反映したものであり、親がしっかりとお手本を示すことが、ひいては子供たちの長い人生にとっても重要な意味を持つことがお分かりいただけると思います。
(平成17年5月 日章公民館ニュース)